【初心者でも簡単】赤梅酢で自家製紅生姜の作り方/レシピ

わき役として欠かすことのできない紅生姜

牛丼・たこ焼き・焼きそば・お好み焼き・冷やし中華・サラダうどん…

今回はそんな名脇役である紅生姜の作り方をご紹介します。

添加物を一切使わない自家製の紅生姜。

きらり
冷蔵庫で3年以上保存が可能なのでぜひ挑戦してみてくださいね!

梅仕事シリーズ

自家製の梅干し。 どうせなら減塩で作りたいのですよね。 梅干しづくりの副産物としてできる赤梅酢も魅力的。 今回は12%の減塩梅干しを紹介します。 [sitecard subtitle=梅仕事シリーズ url=http[…]

新生姜シリーズ

お寿司にそっと添えられるガリ。 すし飯によく合うんですよね。 ガリとは、新生姜を甘酢に漬けたもの。 今回はそんなガリ(新生姜の甘酢漬け)を自分で作る方法をご紹介します。 お店で食べるよりも美味しい最高のレシピです。 […]

【レシピ/作り方】自家製の赤梅酢で紅生姜

 

【材料】自家製の赤梅酢で紅生姜

材料 分量
新生姜 1㎏
30g ※1
赤梅酢 500㏄~ ※2

※1 新生姜の3%の割合

※2 赤紫蘇を入れていない梅酢でもOK

きらり
ネットでも購入できます!

 

【道具】自家製の赤梅酢で紅生姜

◆ 保存瓶

◆ 梅干しザル

きらり
道具もネットで購入可能です!

梅干しザルはなくても大丈夫ですが、1つ持っていると便利です。

丸型と角形がありますが、収納を考えると断然角形をおすすめします。

丸型は無駄に幅を取るためあまりお勧めできません。

【レシピ/作り方】自家製の赤梅酢で紅生姜

①:新生姜を皮をむく

新生姜の皮むきはスプーンを使うのが一般的(?)ですが、私は面倒なのでピーラーを使います。

ピーラーの方が手っ取り早く皮むきができます。

②:千切りにする

千切り器があると便利ですが、包丁でも大丈夫です。

 

③:塩を入れて混ぜ30分以上置く

時間があれば1時間以上置くのが望ましいです。

30分以上置くと👇のように生姜からたくさんの水分がでてきます。

④:日なたで3~4時間干す

生姜の水分をギュッと絞ります。

水洗いの必要はありません。

3~4時間干すと水分が抜けて少し縮んだ状態。

切り干し大根のようにカラカラではなく、少ししっとりとした状態です。

⑤:清潔な保存瓶に入れ赤梅酢を注ぐ

保存瓶は、焼酎を湿らせたキッチンペーパーで拭き上げるか、熱湯をかけて殺菌消毒をします。

長期間保存したいので、なるべく清潔な状態にしましょう。

 

赤梅酢を注ぐと水分の抜けた生姜が一気に赤梅酢の水分を吸って色鮮やかになります。

とってもきれいですね。

きらり
この状態で冷蔵庫で保存すれば3年は日持します。

わが家では東京オリンピックの2021年8月に3回に分けて合計2㎏の紅生姜をつくりました。

次につくるのはきっと3年後。

2024年パリオリンピックの年ですね。