【初心者でもプロの味】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)お店を超える味の作り方/レシピ

お寿司にそっと添えられるガリ。

すし飯によく合うんですよね。

ガリとは、新生姜を甘酢に漬けたもの。

今回はそんなガリ(新生姜の甘酢漬け)を自分で作る方法をご紹介します。

お店で食べるよりも美味しい最高のレシピです。

きらり
2通りのやり方がありますので違いも解説していきますね。
どちらも冷蔵庫で1年間保存が可能です。
新生姜シリーズ

お寿司にそっと添えられるガリ。 すし飯によく合うんですよね。 ガリとは、新生姜を甘酢に漬けたもの。 今回はそんなガリ(新生姜の甘酢漬け)を自分で作る方法をご紹介します。 お店で食べるよりも美味しい最高のレシピです。 […]

【簡潔に】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

きらり
まず初めに、2パターンの作り方を簡単にご紹介します。

材料はどちらも同じで③(ゆでる/干す)の違いのみ。

ゆでるレシピ 干すレシピ
①皮をむき薄切りにする ①皮をむき薄切りにする
②塩を混ぜ30分以上置く ②塩を混ぜ30分以上置く
③1分間ゆでる ③3~4時干す
④容器に入れて甘酢を注ぐ ④容器に入れて甘酢を注ぐ

検索で出てくる自家製ガリの作り方は99%がゆでる作り方。

きらり
だけど、実は干す方法の方が何倍も美味しくなるんですよ。

ではどうして干す方法が美味しいのにレシピが出回っていないのかというと、単純に(少しだけ)手間がかかるからだと思います。

だけど、お店以上の味になるとしたら…

少しぐらい手間でも美味しい方が良いですよね。

きらり
どこがどう違うのか比較表で確認しましょう!
比較表 ゆでるレシピ 干すレシピ
★★★   ★★★★★
歯ごたえ ★★   
シャキシャキ
★★★★★
シャキシャキ&コリコリ
手間 ★★    ★★★★ 
かかる時間 ★★★   ★★★★★
賞味期限 1年以上 1年以上
※わが家は5年もちました
メリット ゆでるだけなので簡単 味と歯ごたえはお店以上
デメリット 生姜の味が強いかも 干す作業が面倒かも

干すといっても、日なたに干しておくだけで、洗濯物を干すのと同じイメージ。

干すと美味しくなる理由は、干すことで余計な水分が抜け、甘酢をたくさん吸い込んでくれるからです。

干しているので歯ごたえもコリコリになります。

新生姜本来のシャキシャキにコリコリも合わさって絶妙な歯ごたえ

干すというひと手間を加えるだけで、歯ごたえ良く濃厚な自家製ガリが楽しめるのです。

きらり
個人的には全く手間ではありませんので是非おすすめしたい!!

【詳細に】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

それではさっそく詳細な作り方を見ていきます。

工程③のみ2パターンのやり方がありますので、どちらでもお好きなほうを選んでくださいね。

【材料】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

材料 分量
新生姜 1㎏
30g ※1
(甘酢ダレ)酢 100㏄
(甘酢ダレ)砂糖 50g
(甘酢ダレ)塩 5g

※1新生姜の3%の割合

きらり
新生姜はネットで購入ができます。

【道具】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

◆ 保存瓶

◆ 梅干しザル

きらり
道具もネットで購入可能です!

梅干しザルはなくても大丈夫ですが、1つ持っていると便利です。

丸型と角形がありますが、収納を考えると断然角形をおすすめします。

丸型は無駄に幅を取るためあまりお勧めできません。

【前準備】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

前準備として、甘酢の材料を全て鍋に入れ沸かし、冷ましておきます。

急いでいる時は、沸かさずに材料を混ぜ合わせるだけでも大丈夫ですが、お酢の味が強すぎてしまいます。

きらり
お店の味に近づけるには、一度沸かしておくといいと思います。
新生姜1kgに対して600㏄分の甘酢が必要です。
量で迷ったときは多めに作っておくと安心です。
多い分には問題なし。

【レシピ/作り方】自家製ガリ(新生姜の甘酢漬け)

①:新生姜を皮をむいてスライスする

新生姜の皮むきはスプーンを使うのが一般的(?)ですが、私は面倒なのでピーラーを使います。

きらり
ピーラーの方が手っ取り早く皮むきができます。

スライスは、スライサーがあると便利ですが、包丁の方が薄く切れるので、私は包丁を使います。

なるべく薄く切ったほうが美味しく仕上がります。

②:3%の塩を混ぜ30分以上置く

時間があれば1時間以上置くのが望ましいです。

30分以上置くと生姜からたくさんの水分がでてきます。

③:【ゆでる】or【干す】2通りのやり方

この工程が2通りのやり方に分かれます。

きらり
最初に解説した通り、おすすめは干す方法ですが、時間がない人はゆでる方法でも大丈夫です。
ゆでる方法:沸騰したお湯で1分間ゆでる

沸騰したお湯に塩を混ぜた新生姜をそのまま入れて1分間ゆでます。

辛いのが苦手な人はゆでる時間を2~3分にすると辛みが抜けやすくなります。

ゆでたら流水に取り、ギュッと水気を絞る

干す方法:日なたで3~4時間干す

新生姜をギュッとしぼり、日なたに3~4時間干します。

ザルの上に新聞紙やクッキングペーパーをしいて干すと、片付けが楽です。

④:容器に入れて甘酢を注ぐ

保存容器に入れて、冷ましておいた甘酢をひたひたになるように注ぎます。

保存容器は、焼酎を湿らせたキッチンペーパーで拭き上げるか、熱湯をかけて殺菌消毒をします。

長期間保存するものなので、殺菌消毒は念入りにしたほうがいいでしょう。

使う容器は保存瓶の方が安心ですが、今回はジップロックの保存容器を使っています。

翌日になると、化学反応により新生姜が薄いピンク色になります。

きらり
この状態で冷蔵庫で保存すれば1年以上は日持しますよ。
ちなみに、5年前のガリを今年2021年に消費しましたが、美味しく食べることができました。
賞味期限は1年以上と書いていますが、実はそれ以上大丈夫だったりします。
参考までに…