メタマスク(MetaMask)でポリゴン(Polygon)と接続する方法

イーサリアム(ETH)をポリゴン(Polygon)のブロックチェーンへ資金を送金するには、まず、メタマスク(MetaMask)でポリゴン(Polygon)を接続する必要があります。

この記事では、メタマスク(MetaMask)でポリゴン(Polygon)と接続する方法を解説します。

その前に…

オープンシー(OpenSea)でNFTを売買するときにイーサリアム(ETH)が必要ですが、イーサリアム(ETH)はガス代と呼ばれる手数料がとっても高いのです。

その額なんと数千円~3万円ほど。

少額取引をしたい人や、興味があるからやってみたい人にとって、このガス代はかなり痛いですよね。

まとまった資金のない人でも気軽に始められるよう作られたのがポリゴン(Polygon)ネットワークのイーサリアム(ETH)。

オープンシー(OpenSea)でこれから取引をする人はポリゴン(Polygon)へ資金を送金できるよう準備しておくのがおすすめです。

メタマスク(MetaMask)の設定がまだの人は👇の記事で設定をしましょう。

NFT関連

MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨上のウォレット(お財布)で、イーサリアムやイーサリアムのブロックチェーン上で使うことができます。 今話題のNFT、OpenSea(オープンシー)で取引をする際にも必要になってくるので、NFT[…]

きらり
また、以下の記事でOpenSeaでNFTを購入する全手順を解説しています。
参考にしてもらえたら嬉しいです。
NFT関連

あみ 最近話題のOpenSeaでNFTを買ってみたいなぁ… やり方が全く分からない…‼ こういったお悩みを解決します。 この記事では、NFTの初心者さん向けに、全手順を画像付きで解説していきます。 […]

 

前置きが長くなりましたが。

さっそく見ていきましょう!

メタマスク(MetaMask)でポリゴン(Polygon)を接続する方法

メタマスク(MetaMask)側での操作

きらり
GoogleChromeの拡張機能でMetaMask(メタマスク)を開いておきます。

①:イーサリアムメインネットをクリック
②:カスタムRPCをクリック
③:ネットワーク名・新規RPC  URL・チェーンID・通貨記号(オプション)・ブロックエクスプローラーのURL(オプション)を記入

ネットワーク名:Polygon Mainnet

新規RPC  URL:https://polygon-rpc.com/

チェーンID:137

通貨記号(オプション):MATIC

ブロックエクスプローラーのURL(オプション):https://polygonscan.com/

④:保存をクリック

 

⑤:Polygon Mainnetが追加されています
⑥:ネットワークでも確認(Polygon Mainnetが追加されています)

 

ポリゴン(Polygon)側での操作

きらり
次に、ポリゴン側での操作になります。Polygon BridgeのURLを開いておきます。
Polygon Bridge のURL
https://wallet.polygon.technology/
⑦:Connect to wallet をクリック

⑧:次へをクリック
⑨:接続をクリック
⑩:署名をクリック

⑪:Polygon BridgeにMetaMaskが接続されていることを確認
きらり
これで、Polygon BridgeとMetaMaskが接続されました。