2人目以降のつわり一番の違いは上の子のお世話【解決のヒントあり】

2人目を妊娠して喜びもつかの間。つわりがひどくて辛すぎます。まだ1歳半と小さい上の子もいるから、ゆっくりと寝ることもできません。
1人目の時には気にしていなかった家事、例えば上の子のご飯や洗濯、掃除、そして上の子のお世話など、思うようにやってあげられずに悩んでいます。「ママ、ママ」と来てくれる上の子に申し訳ないし、体は言うこと聞かないし、一体どうしたらいいでしょうか。
こういった悩みに寄り添います。

本記事の内容
・一番の違いは上の子のお世話
・上の子のケア&家事をどうするのか問題
・他人の心ない言葉は気にするな
この記事を書いている私は4人の子を育てるワーママです。今まで妊娠と出産、産休と育休を4回経験してきました。
そんな私は、おそらく遺伝的につわりが酷く、それは1人目から4人目まで同じで、苦しみに苦しみました。
特に、2人目以降のつわりは、考えてみたら当たり前ですが上の子たちがいる中での出来事なので、その苦しさは倍増。
逃げ出したくても逃げ出せない、出口のないトンネルをヨタヨタ~~フラフラ~~と歩いている感覚。
私が合計4回の辛~いつわりを経験して気づいた回避方法や、上の子がいても何とかやり過ごせた方法を紹介していこうと思います。
まずは、どんな方法があるのかを知ってもらいたいな、と思っています。
知っているだけで心が楽になるからです。変な期待をさせたくないので言いますが、正直、何かの方法でつわりがフッと消えたり、急に楽になったりすることはありません。そんな特効薬があるのなら最初から皆さん使ってるし「つわり 辛い」とか「つわり もうだめ」とか「つわり 上の子」などで検索する人はいないですよね。私は散々検索しまくった節なので…
つわりの辛さはそのままかもしれませんが、心が少しでも軽くなるように、「こんな方法もあるんだ~」と思ってもらえたら…心の逃げ場を作っておいてもらえたら嬉しいです。
もちろん、実際に使える情報ばかりなので、そこは期待して…。早速みていきましょう。
あわせて読みたい

つわりがこんなに辛いなんて考えてもいなかった…>< 朝から晩まで気持ち悪くて、まるで私の胃袋を誰かがわしづかみにして1日中揉まれているような感じなんです…一呼吸一呼吸が気持ち悪くて…><[…]

2人目以降のつわり、一番の違いは上の子のお世話

1人目と2人目以降の違いって、まずここが一番大きいんじゃないかと思います。最初の試練ですよね。1人目妊娠の時って、ぶっちゃけ自分(+お腹の赤ちゃん)のことだけ考えていればよかったんだと思うんです。

それが、2人目以降になると、自分(+お腹の赤ちゃん)のことに加えて育児(上の子)が入ってきます。

育児って、普通に健康な状態でも「体力勝負」といわれるほど体力を消耗する大仕事。

それなのに、体が究極に弱っている状態である「つわり」期間と育児が重なることで、通常ではありえないほどの負担がのしかかるんですよね。

辛~いつわりと育児の両立を見事にこなしているお母さんたち、本当に尊敬します。そして、それでも子孫繁栄していく人間の芯の強さにびっくりです。

間違っちゃいけないのは、ここでいう育児とつわりの両立ですが、最低限…本当に最低限で良いと思っています。つわり中の育児は「子供が健康的に生き、そして成長できること」これだけでよくないですか?

もちろん、栄養バランス、適度な運動、外遊びやお友達との交流、読み聞かせや習い事。言い出したらきりがないようなアレコレは考えなくていいと思います。

この後にも紹介しますが、最低限のことは自分がやることなく、外部に任せることだって可能ですから、気を楽~に持ちましょう。

【2人目以降のつわり】上の子のケアと家事をどうするのか問題

夫を頼る(というか夫がやる)

つわりが辛い人にちょっとだけ朗報です。実は夫を育てる絶好のチャンスなんです。

「妊娠前から夫は家事がとても上手で、むしろ私よりも手際が良い」

こんな理想的な夫は空想上でしかないですよね、実際は、ほとんど妻が家事をやってあげていたのではないでしょうか…。だけど、つわりは2~3日で治る病気とは違くて、数カ月単位で続く究極の体調不良。数日ならごまかせる家事でも、さすがに数カ月放置するわけにはいかないですから、ある程度は夫に成長してもらうしかない状態なのです

つわりの程度にもよるかもしれませんが、辛いのに「オエッオエッ><」言いながら家事をやるのはやめて、思い切って夫に任せてみましょう。

ちなみに私の夫君は、1人目から4人目まで、つわり期間中は食事以外の家事を最低限ですが回してくれていました。もちろん2人目以降は上の子の世話もです。ですが我が家の夫君は家事が下手すぎて下手すぎて…。まぁ、目に余るところは多々、多々、多々ありましたし、文句の一つ(×1000)も言ってやりたい気持ちはいっぱいでしたが、なにせつわりが辛すぎて私は文句の一つ…も言えないくらい弱っていたので、夫君の好きなようにやらせていました…。

夫からしたらそれが良かったのかもしれませんけどね。

 

実家の親を頼る

これは人によって「できる・できない」があると思います。私の場合は「できない」でした。

理由は、親との関係ですね。(ここでは深く触れませんが…。)

ただ、周囲を見渡した時に一番多いのが、実家の親に頼っているパターンだな、と感じています。どんな人が頼れるのかリストしてみました。

 

実家の親に頼れる人の条件

✔ 実家との距離が近い

✔ 実家の親との関係が良好

✔ 実家の親が健康

 

実家の親に頼れない人の条件

✔ 実家が遠い

✔ 実家の親との関係が険悪

✔ 実家の親が病弱

 

結局、遠方でも泊まり込みで手伝いに来てくれる親もたくさんいるので、一概には言えませんが、やっぱり親子間の関係が良好ならば、他の障壁は関係なく頼れるのではないかと思います。そして、親子なので、頼れるのなら全面的に頼っていいと思います。

上でも書いた通り、私は頼れなかったので、いつも親が手伝いに来てくれる近隣の友人達がすごくうらやましかったです。決して妬みとかじゃなくて「自分も将来は子供に頼ってもらえるような母親になりたい」なんて目標ができたりしました。

 

保育サービスを頼る

保育園の一時保育サービスやベビーシッターを利用して、上の子を預かってもらうという選択もあります。毎日は無理でも、週に2~3回を利用するだけでも心の余裕が生まれるはずです。保育園の一時保育はリーズナブルなのでおすすめです。お住いの市町村に問い合わせてみると、教えてもらえると思いますので、できればつわりがひどくなる前に調べておくと安心です。

あとは、市町村のサービスと比べたら割高になってしまいますが、ベビーシッターもおすすめ。最近のベビーシッターは、ただ子供の保育をしてくれるだけではなく、シッティングしながら英語のレッスンをしてくれるなんてことも可能なんです。病児や病後児の対応もできたりするので、登録だけでもしておくと、何かあった時に安心ですね。

>>病児・病後も対応可!【ピックシッター】

外注サービスを利用

もう、これは一度利用してみるのがいいですよ。便利だし感動します。私は3人目妊娠中、つわりの時期に初めて家事代行を利用したのですが、感動的に良かったです。もちろん値段は安くはないけれど、90分(当時お願いしていた1回の時間)で出来る量が半端ないです。それにこちらもある程度の料金を支払っているという感覚があるので、普通だったら見られたくない、お願いしづらい水回りなんかもサラッとお願いできちゃいました。当時、お風呂もトイレもキッチンも、1カ月くらい掃除ができていない状態だったので…すっごく汚かったんですけどね。プロの手にかかれば1時間かからずに全て綺麗にピカピカになりました。残りの時間で洗濯、部屋の掃除と整頓、ベランダの掃除まで。我が家、4LDKの1軒家ですが、90分でほぼすべてがきれいになってしまうんです。

つわりで辛くて掃除ができない。

ならば家事代行は一度試してみる価値ありのサービスだと思います。

>>家事代行・家政婦サービスのキャットハンド

>>家事代行サービスアールメイド【お得な初回限定2時間\5,400~】

>>パソナライフケアの家事代行サービス【初回限定2時間\4,950】

買い出しは宅配を利用

食料品の買い出しは、つわりの時期、地獄ですよね。お店の中、どこに行っても「おいしそうな匂い…」←✖。正しくは「吐き気がするにおい…」←〇(スミマセン!!)

私は特にお肉コーナーが苦手でした。素通りするだけでも辛くて、わざわざ迂回して進んでいたものです><

こんな悩みも一発解消。それが宅配ですね。今はイオンとか西友とかでも宅配をしてくれるので本当に便利な時代です。これは使わない手はありませんよね。我が家はコープデリを利用していますが、案外節約になるので驚きです。利用する前は「コープはお金持ちが利用するサービス」なんて、変な固定概念があったのですが、実際利用してみると、むしろスーパーよりも安く売られていることも多々あり…もうやめられません。

コープデリの解説記事を書いていますのでこちらも参考にしてみてください。

>>コープデリで節約するポイントを解説【お金だけでなく年間96時間もの自由時間を生み出せる】

ご飯はお弁当を頼む

上の記事にあるコープデリでもお弁当をとどけてくれます。実際に私もつわりの辛い時期に2カ月ほど利用していました。ぶっちゃけ、自分が作る手作り料理には敵わないかもしれませんが、栄養バランスの整ったお弁当を届けてくれますし、味も悪くはありません。上の子たちも、それなりに食べてくれていたし、魚メインのメニューの時はむしろ大好評でした。

例えば、コンビニでも、スーパーでも、ほっともっとでも。胸を張って「お弁当で良い!!!」と私は思っています。

一生お弁当生活させるわけじゃないですから。大変な時期のほんの一時です^^

楽をするための小技

最後に、ちょっとした小技をだしておきますね。(随時追加中)

ご飯は無洗米にする

無洗米って、抵抗ある方いますよね、私もその一人だったのですが、たまたまスーパーで見切り品として買ったことがあって。安いからという理由で買って以降、無洗米の虜になりました。

だって、手を濡らすことなく炊飯器へのセットが終わるんで、時短家事としても有効です。すごいですよね。

1、お釜に米を入れる
2、分量の水を入れる
3、炊飯器にセットしてスイッチオン

これだけなので1分以内で普通に終わります。ちなみに、無洗米だと、子供のお手伝いにも有効です。年少さんくらいの小さな子でもできるくらい簡単なのでぜひ上の子に任せてみてください^^

 

自動調理器を便利に使う

最近話題の自動調理器。お値段が高いので買うのを躊躇する人が多いみたいですけど、口コミを見るとこんな声が多数!

購入した人
もっと早く買っておけばよかった…

具材を入れてスイッチを押すだけで、火加減やかき混ぜまで全て自動でやってくれるというから驚きです。

料理って、付きっきりになってしまうという手間があるから大変ですものね…。

 

 

食洗器は必須アイテム

今や当たり前となりつつある食洗器。もし持っていないのなら早めにそろえておくことをおすすめします!

つわり中はもちろん、子育て中でも、「食器洗い」という手間が一つ消えるだけでも気持ちに余裕が出ますよ♪

 

2人目以降のつわり、心ない言葉は気にするな

最後に、つわりで苦しんでいるとき、ちょっとイラっとする言葉をかけられることないですか?

つわり中って、肉体的に辛いのはもちろん、精神的にかなりやられるんですよね~。

だから、心ない一言がずーっと頭の中をグルグルと回って離れない。

 

やめて欲しいんですけどね…

悪気はないのかもしれないんですけどね…

気にかけてくれるだけdもありがたいと思わなきゃいけなんでしょうけどね…

 

例えば、2人目以降私が実際にかけられた言葉はこんな感じです。

コメント2人目って上の子がいて忙しいから、つわりの時期があっという間に終わっちゃうよ!1人目は大変だったのに不思議~♪

→単に、2人目のつわりが軽かっただけだと思います。

だって、私は2人目以降のつわりの方が格段に辛かったですから。そして、1日1日が長~くて、1カ月経ったころ、「えっ!まだ1カ月なの?3カ月くらい経っているような感じ…><」という印象でした。あっという間に終わるなんてありえません。
次に
妊娠のたびにつわりの程度も変わるから大丈夫だよ♪きっと今回は軽いんじゃない?私は2人目全然平気だったよ~♪
→うらやましいです。
私は4人とも種類は違えど重ーいつわりに苦しめられましたから。何度も何度もGoogleで「2人目 つわり 軽い」とか検索してました…。実際に妊娠のたびに軽い重いがハッキリとしている人もいるんでしょうけど、私の周りを見ていると、軽い人は何回妊娠しても軽く、重い人は何回妊娠しても重いです。
もう一つだけ…
え~!つわりそんなに重いの~?子だくさんだからてっきりつわりがないのかと思ってたよ♪つわりが重いのに凄いね!頑張って!
これはもう、悪意があるんでしょうかね~。
受け取る私がひねくれてる…かもしれませんが、イラっとするし、こういう人とは関わりたくありませんでした。
将来、自分がこういう失礼な言葉をかけることのないよう、戒めもかねて^^;
最後に、ざっくりとまとめると、この2つです。
✔ つわりがあるのはしょうがないからあきらめる
✔ 多少お金をかけてでも使えるサービスは使って負担を減らす
お腹に赤ちゃんがいるときに、ぜひ上の子と呼んでもらいたい絵本があります。

私の場合は、この本との出会いが遅かったので妊娠中には読めなかったのですが、現在5歳の娘は、一人で何度もこの本を読んでいるようです。写真がたくさん載っているし、どこか気になるんでしょう…
絵本の中は、自宅での立会出産が描かれていて、家族の絆のようなものも感じられて感動します。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

きっと、この辛さを乗り越えたあなたの人生は、ものすごく大きな、かけないのないものが得られるのだと思います。

それは、お腹にいる今はまだ小さな小さな命…

実はそれだけではありません


つわりが軽い人には到底知りえないような地獄を味わっているわけですから、真の強さを手に入れることができます。

私は思うんです。

この先の人生、これ以上に苦しいことは起こらない、と。

だから「つわり」は無理に避けなくても大丈夫です。

あわせて読みたい

妊娠2カ月初マタ マタニティインナーって何枚必要なんだろう…? 妊娠期間は短いし、産後まで長く使えるものが良いなぁ。 こんなお悩みを解決します。 ✔ 本記事の内容 ・マタニティ[…]