CATEGORY

子育てと仕事

  • 2021-05-31
  • 2021-06-11

4人を育てるワーママのタイムスケジュールを公開~びっくりしないでね~

私は4人の子供を育てるワーママです。 保育園に2歳の子が通い、小学校には1・4・6年生が通っていて、仕事はフルタイムの時より1.5時間短い時短勤務をしています。 今回は、4人を育てるワーママの超リアルなタイムスケジュールを公開します。 ※このタイムスケジュールを見ると『盛ってる』と思われそうですが、全くの現実です。むしろ、若干ゆる~く書いています…‼ きらり 今回、初めてタイムスケジュールを書いてみて、いつも眠くて忙しいわけが分かりました…‼

  • 2021-05-27
  • 2021-06-11

【子供に正解のない現実を教える】ルールを守るは正しい?何のためにある?

小6娘 ルールを守るのは正しいの? 小4息子 ルールは何のためにあるの? 小1娘 ルールを守らない人もいるよね。 子供たちにこんな質問をされたら、どう答えますか? 私は、時代や環境の影響が大きいのか、『ルールは守るもの』『ルールは守って当たり前』という固定概念がこびりついています。 だけど、アラフォーになった今、その固定概念が実は人生の幅を狭めているということに気づいたのです。

  • 2021-05-18
  • 2021-06-11

【4人育児の経験談】育休中は完母/仕事復帰したら夜だけ母乳

あみ もうすぐ仕事復帰。 仕事と母乳育児は両立できるのかなぁ? こんなお悩みに寄り添います。 きらり 私は4人の子を育てるワーママ。 約1年間の育休を4回取得した経験があります。 4人とも、育休中は完全母乳、仕事復帰後は夜だけ母乳に切り替え、現在、4人目を仕事をしながら母乳で育てています。 完全母乳で育てているママは、仕事復帰が近づいてくると必ずぶち当たる壁、それが、『断乳vs母乳継続』ですよね…。

  • 2021-05-14
  • 2021-06-11

【経験談】家族がコロナ濃厚接触者になった話

子供の同級生がコロナ陽性になったときのお話です。 子供が通う小学校が長期休暇に入ったある日の夜、学校からの1通のメール。 それは、児童にコロナ陽性者が出たとの連絡でした。 きらり この夜から2週間、私たち家族はとても大変な思いをしたのです。

  • 2021-05-03
  • 2021-06-11

【経験談】育休中の妊娠はあり?なし?~後悔しない選択を~

きみ 現在1人目の育休中です。 育休中に2人目って“あり”なんでしょうか? こういったお悩みに寄り添います。 この記事を書いている私は、現在2歳~11歳までの4人の子をもつワーママです。 そして、ちょっと珍しいかもしれませんが、4回の育休をとり、4回の職場復帰も果たしています。 2人目のタイミングって悩みますよね、昔の私もそうでした。 今回の記事では、育休中に妊娠するのはありなのか、なしなのか。

  • 2021-04-30
  • 2021-06-11

【解決のヒントあり】人の仕事を手伝って失敗した話

今回は、私が同僚の仕事を手伝って失敗した話を書いていきます。 人の仕事を手伝うって、サラリーマンにとっては当たり前のように思いますよね。 しかし、注意しないと同僚との関係悪化につながるという事を身をもって体験したので、これを学びに変えて共有してきたいと思います。

  • 2021-04-23
  • 2021-05-18

【4人育児の経験談】母乳はいつまで出るの?

赤ちゃんを出産し、 母乳を与えはじめ、 やがて卒乳していく。 1カ月より早く母乳を終わりにする人もいれば、3~4歳ごろまで母乳を続ける人も。 昔は1歳を区切りとして断乳するという文化がありましたが、最近では『母乳は長ければ長く与えた方がいい』という考え方にシフトしているようです。 母乳はいつまで出るのか? 気になりますよね。 今回は、私が実際に経験してきたことを記事を書いていきますので参考にしていただけたら嬉しいです。   きらり 何年くらい母乳育児を続けてるのかな?と思い計算。 なんと、4人合計で9年2カ月になりました‼ 現在も継続中なので、もう少し長くなりそうです。

  • 2021-01-29
  • 2021-06-11

ワーママ歴10年の私がブログを書く5つの理由

2019年10月からブログを始めて1年を過ぎました。 副業として始めたブログ。 でも、ここにきてちょっと脱線しようと思います。 なぜかというと、ブログを始めたことで新たな発見があったからです。 それは、簡単に言うとブログを含め発信活動にはビジネススキルをアップさせ、人生を豊かにするパワーがあること。 というわけで、 今この時点で、私がブログを書く理由を改めてまとめていきたいと思います。